< 目次 | 次へ>

05:ペターニ〜ダグラスの森


前回はカルサア修練場のダンジョンの広さに辟易したワタクシですが、今回はダグラスの森でへとへとになりました。お願いだから入口にセーブポイント作ってくれっ!

と、愚痴はさておいて…、前回は軽沢(カルサア)修練場を攻略し終わったところまででしたね。それから、軽沢の町を通ってアリアスに戻り、次の目的地はシランドへの途中であるペターニという街だとのこと。お花の咲いている平和そ〜な平原を通って、ペターニへ。近い…。全部のモンスターが見渡せる感じ。とりあえず、全部倒して、うろうろしてからペターニへ。バトルにもだいぶ慣れてきました。

途中の平原は短かったけど、ペターニの街は、街だけでマップが5ブロックに別れているでかい街。とりあえずみんなと別れて単独行動をすることになり、街を隅から隅まで散策する。そしたら、なにやら「工房」で「アイテムクリエーション」とやらができるようになったとか説明される。この言葉は他の人のゲーム日記で見たぞ〜。でも、何をやったらいいのかよく分かららん。とりあえず、登録だけして…と思ったのに、ついつい、仕組みが知りたくて、ネルさんに創作料理を作ってもらってしまった。できたのは「まずいデザート」。なんじゃそりゃ?(笑)。このデザート、その後、街で売られることになったらしい。なんだかなぁ〜。それにしても、ネルさん、キャベツの千切り、得意なのね…。キャベツを使ったデザートか……。たしかにまずそうだ。

そうそう、このシステムの中で、クリエーターとしてみんなが紹介されているんだけど、それを読んではじめて知った新事実!…クリフさんの首のとこの模様は、入れ墨だったのね!! アクセサリかと思ってた。首に入れ墨って、ど〜かと思うよ、うん……(稲さん(B'z)にはやって欲しくないぞ…)。
(注:どうやら入れ墨説はギルド側の勝手な推測らしい)

街の広場の左下に行くと、一休みするかどうか選択させられるから、どうやらここで休むとストーリーが進むらしい。んなわけで、街も一通りみたし、一休み(今回は武器を買わず…アリアスでネルが別行動になってショックを受けたから(笑))。

ここでイベント。ソフィアそっくりのアミーナという少女に出会うフェイト。今回のゲーム、2度目のナンパ。ときメモかっつーの!(爆)。こんなことしていると、クリフに突っ込まれそうだな〜と思ったら、予想通り「ナンパか?」と直撃(笑)。クリフの台詞って、こういう尻上がりの時の尻上がり具合が微妙でイイっすね。確かにいい声だ。

そんなイベントのあと、高級そうで予約がいっぱいだと言っていたホテルへ。泊まれないって言われたぞ…と思っていたら、ネル、顔パス。ん?ネルって何者?この街の出身者で、地主の娘とか?(さっきまでSEED見てたから、カガリを思い出した模様)。でも、まだ清掃中だとのこと。仕方なく街へ。クリフは酒場で周りから疎んじられ(笑)、ネルは、あれ?どこにいたっけ? とにかく、何かイベントでも起こさないと話が進まないのね…と、またもや街をぐるりと一周。すると、東ブロックの横道にあった家でアミーナに再会。どうやら、このイベントをこなすと話が進むらしい。翌朝、花を摘みに行く…と言っているアミーナ。ん、こりゃ絶対に何か起きるな…と思ったら、やっぱり、翌日起きてみると、アミーナが森の中で発作で倒れたとの連絡。

はいはい、お使いミッションですね〜。森に行くんですね〜。アミーナちゃんを捜して戻って来るんですね〜。りょ〜かい、りょ〜かい…。と思っていってみたら、ここからが長かった……。

まずは第一難関。森がどこか分からない(爆)。ウッカリ北へ北へと爆走して、なにやら橋を渡ってしまい、えらいことに…。鳥型モンスターが歩いているのでぶつかってみたら、これがまたえらく強い。こっちが行くべき道だと信じ、真剣に戦うも、クリフとネルが戦闘不能になってあえなく撤退…(初エスケープ。ついでに、戦闘不能10回という不名誉なバトルコレクションゲット…)。一目散に街へ。街に帰るとクリフが「手遅れになっちまうぞ」とか脅す。ちくしょ〜、わかってらいっ!……というところで攻略サイトをちょっとチェック。……橋は渡らないこと……ですとっ!?そうならそうと橋の手前に立て看板でもしといてくれよ…がっくり。フレッシュセージがもったいないので(高いんだもん)、最後のデータをロードし直して再チャレンジ。

今度は何とか森に到着。はぁ〜よかった。“森の中にはモンスター出ないし、ホントに簡単なお使いミッションなのね〜”なんて気軽に考えていたのに、ズルズルズルズルと深みに……。軽沢修練場にも匹敵するんじゃないかと思えるほどのデッカイダンジョン。おまけに、出てくる敵にすばしっこいのが多くて疲れる。中ボス的に現れる「木に化けているモンスター」ってのは、フェイトの大攻撃ブレイズ・ソード(炎)で2発ほど叩けばOKなので簡単なんだけど、可愛らしい魔女とピノキオくんたちがやっかい。も〜、魔法はつかうわ、すばしっこいわ、攻撃当たらないわで、フェイトくん、怒り爆発(つーのか私が(笑))。で、爆発した怒りをどうしたか…というと、解決方法は“がんばって避ける”(爆)。でも、よけられないような細〜い通路で待ってるのよね……。

モンスターと戦うのは面倒だけど、一応、ある程度はマップ攻略したいし…ということで、あっちに行ったりこっちに行ったりと、RPGプレイヤー的を駆使して、なるべく正解の道に最初に行かないようにしつつ(笑)、歩いていると、どうやらマップ左下のほうに進むとヤバげだというのが分かってくる。で、この先かな…?と思われるところにやっぱり怪しげな小屋が。…と思ったら、後から考えれば、これまた単なる中間イベント。“バカチン”ロジャーと出会い、盗賊団月影をノーダメージ・1分撃破でなぎ倒し、なにやらもらう。んで、ロジャーが仲間に。こちとらLv17とかなのに、このロジャーくんLv6。使えね〜、と思いつつも、可愛いからちょっと使ってみたりする(笑)。

その後も、岩をよけたり、モンスタをよけたり(笑)しながら進んでいくとセーブポイント。あぁ、この先にきっとボスがいるのね(涙)。長かったよ。1時間半だよ。それに、時間を使った割にはレベル上がってないじゃん…(街にいたときがLv16で、このセーブポイントの時点でLv17)。がっくり…。とりあえず、このセーブポイントの近くでレベル上げを……とか思ったけど、近くにいるのがピノキオくんと魔女さん(苦手なモンスタ)。なので、レベル上げはあきらめて、セーブポイントからさらに先へ…。

セーブポイントの先のマップは、なにやらループになっていて…というのかランダムにループしている構造になっていてらちがあかない……と思ったら、1カ所だけビンゴの場所があるのね。マップいちばん上に進むとボス戦。マッドマン1分撃破で退治。

そうそう、前回の軽沢修練場でバトルしているときに気が付いたんだけど、フェイトのブレイズソードって、炎属性攻撃がある…ってことだけじゃなくて、相手のMPにもダメージを与えてるのね。一撃で死ぬようなモンスタはHPが少ないんじゃなくてMPが少ないのかも。それに気が付いた私は、このところ、バトルが始まると、まずはフェイトは敵から離れてLongレンジで大攻撃のブレイズソードを発動(ロングにしておかないと、発動に時間がかかるんだもん)。その後、苦労していそうなほうの敵に向かってごー!という具合。敵が割とすばしっこいヤツだったりして、ブレイズソード発動中に近づかれたりすることがあるんだけど、クリフがさ〜、いいタイミングで攻撃してくれるんだよね〜。らびゅん♪

それから、なにかの敵が落としてくれた「再生の紋章」っていうのが超使えるアクセサリ。いつの間にかMPが充填されてるのよ。なので、フェイトはいつもMPほぼ満タン状態。ふつーなら回復ポイントのない長いダンジョンなんて信じられないっ!って感じなのだけど、フェイトのMPがたまるので、ブレイズソードをどんどん使っても大丈夫だし、回復は薬を使わず紋章術でできるし、超便利。誰が落としたんだろう。もうちょっと欲しい(笑)。

マッドマンを倒すと、セーブポイント近くのモンスターの種類と配置がちょっと変わる。すぐ近くに木の格好をしたやつがいるんだけど、こいつ2組セットを倒すと経験値が160も入る。レベルあげにうってつけ!(上で書いたように回復にも問題ないし、そんなに大変な敵じゃないし)。そんなわけで、アミーナ救出のことなどすっかり忘れて、しばし、セーブポイントとこのモンスタとの間を行ったり来たり(爆)。経験値3倍なんてボーナスが着くと480ですよ! 時間を掛けたわりにはレベルが上がらなかった…と思った分、十分レベルあげさせてもらいました。フェイト/20、クリフ/20、ロジャー/12(<ロジャーを使ってるし(笑))。

そんなことをやりながら、あちこちの▲マーク方向もチェック。クリフには負けるかもしれないが、私のRPG勘もなかなかのもの。最後の▲マークの先にアミーナが(笑)。ちなみに、アミーナが倒れているのをみて「え?なんだっけ?」と思った私。レベル上げに心底興じていて、どうやら目的を見失っていたらしい(爆)。

アミーナを助けて自動的に森から脱出…の前に、ロジャーが別れの言葉を残して去っていく。あぁぁぁ〜〜〜〜〜?なんですとぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜!?レベル上げてやったのにぃ〜〜〜〜っ!それに、着せてやった防具、返せ〜〜〜〜〜っ!……と、今さら言っても遅いのでありました、まる(防具は余ってたんだからいいいや…)。

今日のお気に入り台詞:
・「ナンパか?」byクリフ
・「うるさいなデカブツ!」byロジャー(クリフに対して(笑))
・「他人にできなくて僕にできることがある…そしてそれが人のためになるなら……僕はやろうと思うんだ」byフェイト
・「あぁ、少なくともそっちのほうがオレの好みではあるしな」byクリフ(フェイトに対して(笑))

フェイトの発言は、ガンダムSEEDのキラの発言とまるっきりかぶりますね。「それで戦争を終わらせることができるなら…」っていう理由も全く一緒。やっぱり、この2人、同一人物だ、きっと…(笑)。


アミーナをペターニに連れ帰った後:プレイ時間 19:17
フェイト/20、クリフ/20、ネル/15、[ロジャー/12]
 
2004/02/20 19:08:16 @ San Jose

06:シランドで謁見〜銅を求めてベクレル鉱山


ダンジョン1つについて1回日記を書かないと…っつーことで、今日はベクレル鉱山攻略後まで。だんだんダンジョンの広さにビビらなくなりました。ベクレル鉱山も広かったけど、セーブポイント見つけたときに「あれ?これだけか〜。割と狭かったなぁ〜」と感じたという…。ダンジョンの広さにも慣れる物なのね。…というのか、バトルに慣れてきたし、回復剤に頼らなくなったから(再生の紋章でMP使い放題)ということもあるのかもしれない。ポポローグでもMP補給用の薬を売ってくれるオプションキャラをずっと連れ歩いていたぐらいだもんね。

前回はペターニでアミーナちゃん救出ミッションを終わらせたところまで。完全なるお使いミッションだけど、よく考えてみたら、この星でうろうろしていること自体、でっかい横道だよねぇ。全体のストーリーがまだ見えてないけど、フェイトのお父さんがど〜のとか、クォークのリーダーがど〜のとかっていうシナリオにはいつ戻るんだろう〜?(あ、まだ知りたくないので掲示板とかでの助言はなってことで〜)。

ペターニでのイベントを終えて、首都シランドに向けて出発…。といっても、固有名詞を聞き流して会話を聞いているワタクシ、出発するよ!と言われても、どっちの方向に行けばいいのかさっぱり……ということが多くて困る。ペターニの街でもちょっと悩む。まぁ、ちょっと考えれば、南側はアリアスにつながっているだけだし、西側には森があったし、東側は門が開いてないし、北に行くんだろうなぁ〜とは分かるんだけど、森のほうには橋があったりして他の方向もあるじゃ〜ん。FFXのように、1本道だったらわかりやすいのに…。

そんな文句を言いつつも北門からでてイリスの野を通ってシランドへ…。でも、これまた横道があって行っていいべきものなのかど〜か迷う…。この間、橋を渡って全滅の危機にさらされてから、横道が怖いし、やっぱり引き返してふつーにシランドへ…。横道にそれるとサブイベントがあるとかあるのかなぁ。でも、それを確認するだけの余裕もないし…。やっぱり攻略本が欲しいかも。

さてと、文句はこの辺までにして……と思ったけど、また文句(笑)。首都シランドがこれまた広い!(笑)。まずは街を散策。街も十分広い。その後、王宮へ。最初は女王様に謁見。ネルに「付いてきて」と言われるも寄り道をして迷子になりそうになり怒られる…。う〜ん、自由度が多すぎてプレイヤ的にはドキドキだよ。周りの言葉を無視してもやっておくべきイベントが隠されているような、そんな気がしてならないからさ…。

結局、図書室みたいなところに寄り道しただけで(特にイベントなし)、謁見に。その後、別行動で王宮の中を歩けるようになる。何階もあるような広い場所。とりあえず、意味ありげに「オレは礼拝堂でも見てくるわ」と念を押す(笑)クリフに会いに行ってやることに。クリフに話しかけると、ど〜やらミラージュさんと連絡を取り合ったらしき話を聞くことができる。その後、城の入口でネルさん発見。ネルに話しかけると物語が進んでしまいそうなので後回しにして城の探索。それにしても、よそ者が女王の寝室にまで入れる城ってど〜よ?(笑)。で、ネルに話しかけて客間に行くとクリフと会話。そのあと一休みすることで翌日へ。

開発中の兵器を見させてもらって、すでにオーバーテクノロジであることに気が付くフェイト。そういえば、フェイトってもともとは何だったんだっけ?ゲームやりつつ、ガンダムSEEDも見返しているからキラと設定が混ざってしまって「あぁ、彼は工業カレッジの学生だから、メカには強いんだった」と納得する私(笑)。この時点ですでにオーバーテクノロジ…ということは、以前にも先進惑星から訪問者があったのかも…? …ここに来て、最初とは反対にクリフが否定派にまわるものの、フェイトの決定には従順なクリフ(なぜ?)、武器完成に協力を表明したフェイトの意見に従うことに。

で、メガネがさわやかな研究者ディオン…ん?研究者?…との会話の結果、完成には銅が必要であること、銅はベクレル鉱山にあること、疾風の管轄下であること…などが会話から分かっていく。

んなわけで、そんな話になったところでセーブ。プレイ時間20:59。…って、バトルもなしに1時間半…。ながいぞ、イベント…。

んでもって、ベクレル炭坑に行くことに。……つーても、どっちにいきゃぁいいの〜?(笑)相変わらず固有名詞やら地理やらを覚えることに頓着していないワタクシ、また困る。とりあえず、ペターニ通って(アミーナちゃんのお見舞いも忘れずに(笑))、アリアスについてみると、西の門のところでイベント発生。馬車に乗って強制的にベクレル鉱山入口へ。

強制バトルがあったり、ライトを拾ったり、ドラゴンを追いかけたり、鍵を拾ったり、仕掛けを解いたり、精錬所跡地にいる男と契約してみたりしつつ、セーブポイントまでたどり着く。それなりに大きなダンジョンだけど、ダンジョンの広さには驚かなくなっていたりして(笑)。セーブポイントを2つ発見し、この先ではボス戦なのね〜と分かっちゃったので、精錬所跡地あたりでちょっとレベル上げ(笑)。セーブポイントの周りはレベル上げポイントだからさ(笑)。

そうそう、鉱山の中にいるドラゴンは、麻痺状態にする攻撃をしてくるみたいなのよね。いくつか買ってあった麻痺回復の薬も使い果たし、途中からは麻痺したら麻痺しっぱなし(笑)。どこかで拾った「パラライズチェック」というアクセサリを装着させたクリフさんだけ元気に敵さんと戦い続ける(笑)。最初は焦って操作キャラをスイッチしたりしたけど、全滅の危機にさえならなければ、休憩時間〜ってな感じでクリフさんの活躍を観察する時間に(笑)。(私の操作キャラは基本的にフェイト)。こんなことしているとヒートアップゲージって溜まらないのかも〜と思いつつも、仕組みがよく分かってないからま〜い〜や(笑)。

この辺でのフェイトでのバトルは、相変わらず戦闘開始直後にブレイズソード。タイミングが掴めてきたらリフレクト・ストライフで蹴りまくり。ネルさんはアタック魔法やバトルスキルをいろいろと繰り出して戦ってる。クリフは…HPを消費するような設定にしないようにしているので、あまり技の数がなくて申し訳ない。マイトディスチャージとカーレントナックルを使い続けている模様。

レベル22になったところで、セーブポイントの先へ。デカイ鶏さんとバトル。特に苦労しなかったけど、1分撃破はできず。その後、精錬所跡地に行くと一休み&トロッコで外に行くかどうかの選択。でも、このダンジョン、全部回ったつもりなのに探索率が80%ぐらいにしかなっていないんだよね。どこか見逃しているのか?…と思いつつ、もう一度ぐるりと回ってみる…が、ほんのちょっとパーセンテージが増えるだけ。なにやら、岩の向こう側とかに通路がありそう。今の状態では行けないと言うことか?あきらめてトロッコに乗って外に行くと疾風さんとの強制バトルへ。雑魚疾風さんとのバトルの後、間髪入れずにデメトリオさんとのバトル。全滅の危機…ってほどにはならなかったけど、完熟ベリーとか超熟ベリーとかをいくつか使用。デメトリオさん攻略後、セーブポイントに戻ってセーブ。プレイ時間 23:58。

さてと、銅も入手できたということで鉱山を出て戻る……って、どこに?(笑)また方向音痴・地理音痴な私は途方に暮れる(笑)。左側のほうに行くと、なにやら知らない場所(パール山脈)。ちょっと寄り道してみたい気分ではあるものの、怖い敵がいたらヤダなぁ〜と引き返し、まえに通ったことがあるような気がする方向へ……行こうと思ったら、そこにへそ出しアルベルがっ!?

イヤだ〜、この人、強そうだから〜、と思った私の意志など関係なく、使命感に燃えたフェイトくん(と対抗意識に燃えたクリフくん)は勇んでバトルへ。うわぁ〜………と思ったがさほど苦労することもなく(笑)。まずは手下をやっつけて、その後はヒクヒクしているアルベルさんを観察しつつ連続キック(リフレクトストライフ)をおみまいし続け勝利。「弱い物いじめの趣味はない」という、きっとアルベルにとっていちばん屈辱だろう言葉を残して立ち去る一行。うわぁ、フェイトって、結構、言うときは言うヤツなのね〜。

そして、アリアス、ペターニを経由してシランドに戻る…ことになるんでしょう。

ところで、ペターニに到着してアミーナの様子を見に行ってみたら、いなくなっちゃった…とのこと。フェイト一行、また森に行ったんじゃないか…と心配になってダグラスの森を1周してきました。が、見つけられず。どこかにサブイベントがあるのかなぁ〜?…やっぱり攻略本欲しい…(<今日はそればっか)。

ベクレル鉱山攻略後ペターニにて:プレイ時間 25:18
フェイト/23、クリフ/23、ネル/21

今日のお気に入り台詞:
「大きい方がクリフさんで、小さい方がフェイトさんだって」byエレナ

…漫才コンビかっつーのっ!(爆)
 
2004/02/23 10:18:49 @ San Jose

文章・画像の無断転載は禁止っす。一応。
Copyright (C) 2004 Chino Kawarabayashi